MENU

展覧会概要

  • 名称

    自然と交歓する芸術祭 松戸アートピクニック
    The Intersection of Nature MATSUDO ART PICNIC

  • テーマ

    車窓からのアートとの出会い

  • 総合監修

    土屋 公雄 | TSUCHIYA Kimio

  • 会期

    2017年10月28日(土) 〜 11月5日(日) [ 9日間 ]

  • 会場

    21世紀の森と広場 / 〒270-2252 千葉県松戸市千駄堀269

  • 展示鑑賞時間

    10月31日まで 9:00〜17:00 ※21世紀の森と広場への入場は16:30までになります
    11月1日から  9:00〜16:30 ※21世紀の森と広場への入場は16:00までになります

  • 展示鑑賞料金

    無料 ※21世紀の森と広場への入場についても、料金は一切かかりません

  • 主催

    松戸アートピクニック実行委員会

  • 共催

    松戸市

  • 協力

    新京成電鉄株式会社 北総鉄道株式会社 流鉄株式会社 株式会社千葉銀行

  • 後援

    聖徳大学、千葉大学園芸学部


21世紀の森と広場とは

「千駄堀の自然を守り育てる」ことをコンセプトに掲げ、多様化する市民生活や文化活動に対応した都市公園として1993年に開園しました。千駄堀地区の自然は数百年以上に亘り、人の暮らしと密接な関わりをもつ森と周辺環境を取り込んだ「里山」として、数十年周期で更新しながら循環してきました。この「里山」を後世に引き継いでいくためには、人と自然のつながりをあらためて認識することが重要であり、この芸術祭をきっかけに本公園の自然の魅力を感じてもらうことで、人と自然が結びつき共生できる未来を目指します。

21世紀の森と広場ホームページ >

ABOUT


コンセプトメッセージ

人口48万の千葉県松戸市は、東京都心から電車で30分、いわゆる典型的な郊外のベッドタウンです。生活や日常性のイメージが強いこの街で、住む人たちの生活文化を向上させ、また東京や他の街からも足を運んでもらえるような独自な魅力を発信するために、今回、現代アートをきっかけに多様な文化的価値を創造する為の芸術祭、「松戸アートピクニック」を開催することとなりました。

舞台となるのは自然豊かなビオトープ公園「21世紀の森と広場」──松戸市域の中央に位置しながら50.5ヘクタールもの広さをもち、千駄堀と呼ばれる古くからの里山の自然生態系を残した場所です。この多様で変化に富んだ自然を擁する公園で、ここならではの自然やランドスケープを生かしたアート作品が展開されます。それはアートを介して自然と人間とが「交歓」できるような場になることでしょう。

初回となる今回は、「車窓からのアートとの出会い」をテーマとしました。本公園には一部JR武蔵野線が通っており、また都市計画道路3・3・7号線が貫通しているため、松戸の“日常”である通勤・通学の風景の中に、現代アートの驚きを挿入することを意図しました。電車や車の窓から出会える巨大な作品群や夜間に浮かび上がる光の作品など、是非この公園に興味をもって訪れてもらえればと思います。

天気の良い日にはたくさんの人で賑わうこの公園に、ピクニック気分で足を運んでみてください。そこに広がるアート作品を五感で楽しみながら自然と触れ合うことは、これまで以上に多面的な自然との交歓を体験することになるはずでしょう。

  • 自然と交歓する芸術祭/松戸アートピクニック 総合監修

    土屋 公雄 | TSUCHIYA Kimio

    1955年福井県生まれ。千葉県松戸市在住。
    愛知県立芸術大学教授。

    「所在/記憶」をテーマとし、解体された家屋の廃材や灰を素材とした作品は、国際的な現代美術展へも数多く出品。さらに世界各地より招待され、その土地や人々の記憶を刻むパブリックアートなどの彫刻作品を制作。国内では丸ビル正面エントランスに設置されたモニュメントや、東京空襲犠牲者追悼の平和モニュメント制作でも知られている。近年は「場」や「地域」の歴史・文化や環境に関わる、サイトスペシフィックなアートプロジェクトを展開している。

自然と芸術の祭典 松戸アートピクニック 総合監修

土屋 公雄 | TSUCHIYA Kimio

∨ プロフィール

1955年福井県生まれ。千葉県松戸市在住。
愛知県立芸術大学教授。

「所在/記憶」をテーマとし、解体された家屋の廃材や灰を素材とした作品は、国際的な現代美術展へも数多く出品。さらに世界各地より招待され、その土地や人々の記憶を刻むパブリックアートなどの彫刻作品を制作。国内では丸ビル正面エントランスに設置されたモニュメントや、東京空襲犠牲者追悼の平和モニュメント制作でも知られている。近年は「場」や「地域」の歴史・文化や環境に関わる、サイトスペシフィックなアートプロジェクトを展開している。


企画体制

  • 松戸アートピクニック実行委員会

    • 委員長

      土屋 公雄
      愛知県立芸術大学美術学部 教授

    • 副委員長

      大成 哲雄
      聖徳大学児童学部 教授

    • 委員

      三谷 徹
      千葉大学園芸学部 教授

    • 委員

      柳井 重人
      千葉大学園芸学部 准教授

    • 委員

      森 純平
      東京藝術大学美術学部 助教

    • 委員

      星野 敦子
      松戸市生涯学習部社会教育課 課長

    • 委員

      青柳 洋一
      松戸市街づくり部 部長

    • 監査

      田村 嘉章
      公益財団法人松戸市文化振興財団 事務局長

    • 事務局長

      布施 優
      松戸市21世紀の森と広場管理事務所 所長

  • 企画・運営ワーキンググループ

  • デザインチーム

    • アートディレクション

      鈴木 壮一

    • 写真(メインヴィジュアル)

      南 阿沙美


協力

協力企業

  • 新京成電鉄株式会社 北総鉄道株式会社 流鉄株式会社 株式会社千葉銀行