アーティスト髙橋匡太が「○」をドローイングした果実袋にスマイルを描いてもらいます。組み立て点灯し、樹に取り付けて完成です。一人ひとりの笑顔で、21世紀の森と広場の夜の風景をつくる作品です。